負傷の子猫がまた来ました

生後2ヶ月くらいの男の子【つくも】くん

f0242002_16334587.jpg


何があってこんなになってしまったのか・・
肛門周りが壊死していて穴が開いてしまっていて
そこから便が出てきてしまう状態・・

f0242002_163995.jpg


膿が溜まっていたので
直腸のほうまで壊死が進んでいないか心配だったのですが
バリウム検査の結果
今のところ腸には異常はありませんでした・・ 良かったです

とは言え、このままではいつ腸に穴が開いてしまうかもしれないので
しっかりと抗生剤をつかって
まずは炎症を抑えることから始めます

つくもくん自身はとっても元気です





生後2ヶ月くらいの女の子【きゃりー】ちゃん

f0242002_1636117.jpg


一見どこも怪我をしていなさそうですが
歩かせてみると、踏ん張りがきかないことがわかります

レントゲン検査の結果
骨盤の左側が折れて内側に入り込んでしまってることが分かり
いずれは復整手術をお願いすることになりますが

しばらくは便がちゃんと出ているか・・の様子を看ながら
順番が回って来るのを待つことになります

きゃりーちゃん自身もとっても元気です





断脚手術を受けた【りお】ちゃんは
術後もとっても元気にしていて 遊びまくってます (^_-)
今週末に抜糸を済ませたら
里親さん探しを始められそうです! 

f0242002_11252.jpg





肩を骨折している【ななこ】ちゃんは
傷口の炎症が治まって穴が塞がってきましたので
近々手術を受けることになるかな・・と思います

f0242002_112283.jpg


肩の手術を無事に終えたら
このブランとした腕にも力が入るようになるんだろうか・・





犠牲になるのは子猫だけじゃないけど・・
イタチ、タヌキ、カラス それに ニンゲン
外の世界は子猫にとったら危険がいっぱいですから

私たちの知らないところで亡くなってしまった子たちなんて
計り知れないほどいるはずです


そんな中こうして出会えた子たちだけでも
無事に育ってもらえるよう

獣医さんにもたくさんお世話になりながら
治療を頑張りますョ 066.gif
by yql04267 | 2016-07-19 20:29 | ●千葉県動物愛護センター