2017年 04月 03日 ( 1 )

2011.11.8

こしろう君をセンターに迎えに行ったこの日から数えると

5年と何日が経ったでしょ


団体メンバーだったころを含めると

篠崎、湘南、八王子、そして川崎・・と

こしろうくんとはもう数えきれないくらい

一緒に里親会に参加してきました


全くご縁に恵まれず

預かり期間がこんなに長くなってしまって

もしかしたらこしろうくんはもう

この家が自分ちだって思ってただろうな...


f0242002_21524435.jpg



でもね・・・

あくまでも推定だけど今で13才くらい

この先段々と老いてくると

やっぱりいつも傍に家族がいる環境のほうが安心だから


f0242002_21525513.jpg







以前、センターから我が家にやってきた

不思議なご縁のお話を書かせてもらったことがあるんですが

さらにその前
こしろうくんがセンターに収容されるまでにも

実は不思議なご縁があったんです


ちょっとそのお話を・・


 ・
 ・


こしろうくんをセンターから引き取った2011年・・・

私はその頃
迷子になった1匹の犬(団体保護の子)の捜索をしていたんですが

いつも個人ボラの方(団体メンバーではないOさん)が手伝ってくれていまして

   ※Oさんにはミルコ捜索の時からずっとお会世話になっていました

ある日そのOさんの元に

「犬を保護しているんだけども探している子じゃないですか?」と1件の情報があったそうで

写真も送ってくれたそうですが、毛色も大きさも探している子とは全く違っていたので

その件に関してはそこで終わり・・・
(私はこの時はこの保護犬の話は知らずにいて・・・)


それから数日後

こしろうくんをセンターから引き出してブログに写真を載せて

そしたらOさんから連絡があり

「もしかして引き出してきた子、この子じゃない?」と、送ってくれた写真が

その「犬を保護しているんですが・・」の情報の子だったんです

つまり・・こしろうはとあるお宅で一旦保護されていたんですよね


保護主さんは自分の家で世話するつもりで保護したんだけども

家族の反対にあって泣く泣くセンターに引き渡したそうで

でもその後も気になってセンターに電話したりして

そしたら「ボランティア団体が引き取ってくれた」と職員さんから教えてもらって

わざわざ団体宛にお礼の連絡が入ったそうです


 ・
 ・


そんな強運と不思議な縁で
こしろう君は我が家にやってきたわけですが
でも“”だけはまだまだずっと続いていたんですよね!

ここまで長~く我が家に居たのも

新しいご家族との“縁”がすでに決まっていて

それを待ってたからかもねー



f0242002_21523420.jpg


新しいお家は
我が家から車で30分弱のところにあるお家で

先代ワンコさんが老衰で旅立ってしまい
「猫と暮らせる穏やかな子」を迎えたい・・・と
今回こしろう君に声を掛けてくれました


f0242002_21523974.jpg


こちらを見ようとしないけど うれし涙を流してるなっちゃん
f0242002_21524849.jpg




まずはトライアルから、になりますが

こしろうさん、婿入り致します \(~o~)/



f0242002_22125019.png



by yql04267 | 2017-04-03 22:22 | ★募集中・成犬(こしろう) | Comments(8)