カテゴリ:●お知らせ( 69 )

『クロワッサン』

f0242002_132228.jpg



まぁ この私には 無縁?不要? の雑誌


今月は「豆特集!」

豆料理は好物だけど 料理することは好物じゃない



でも 1冊購入



なんでか?



というと



「さくらの里山科」のスタッフさんからメールをもらったから!


「ぶんちゃんと だいちゃん 載ってるよー」 って (^'^)



前半部分ほとんどパラパラパラーっと飛ばしていき

f0242002_142878.jpg


見つけました 【大喜】の姿!

f0242002_1432238.jpg


そしてその斜め後方に写ってるのが【ぶん福】

f0242002_16166.jpg






ちょうど3年前

この老人ホームがオープンした時に縁あって

2匹は「さくらの里」の子となりました


2匹の存在は

じいちゃんばあちゃんの元気の源となり

2匹と触れ合うじいちゃんばあちゃんの笑顔が

2匹の元気の源となり


充実した時間を過ごしています


*****


以下
-『クロワッサン』 2015年 6月10日号- より転載


介護 
支え合うから幸せ。ペットと生きてきた人が安心して一緒に暮らし続けられる特養ホーム。


「この子は介護士さんなの。
咳一つにも飛んできて、寒いときは自分の体で温めてくれるのよ」

そう言って澤田富よ子さん(72歳)は、
胸に抱いた猫のユースケの頭をいとおしげになでた。

その穏やかな表情からはうかがいしれないが、
「一人と一匹」で支え合ってきた自宅での生活が、
体調を崩して続けられなくなった時、
「この子を手放すくらいなら一緒に死のう」
とまで思い詰めたという。

入居者が飼っていた犬や猫を「伴侶動物」と呼び、
一緒に暮らせる伴侶動物フロアがある特別養護老人ホーム
『さくらの里山科』(神奈川県横須賀市)がオープンしたのは今から3年前だ。

「アニマル(ペット)セラピーのような特別なセラピーのためではなく、
入居者のそれまでの暮らし方そのものを支えよう、と。
ペットと寄り添うように生きてきたひとにとってその存在は家族か、それ以上。
介護が必要になった人ならなおさら一緒にすごさせてあげたくて」

と施設長の若山三千彦さん。

若山さんは長く務めた在宅介護の現場で、
一人または老夫婦2人世帯が増え続けていること、
高齢化とともにペットの世話が出来なくなったり、
要介護になってペットを手放したことで急に衰え、
なかにはあっという間に無くなってしまうケースに心を痛めてきた。

「お年寄りだけでなく、お年寄りとペットという関係全体がケアの対象になる、
と考えてきました」

ホームの設計段階から全個室4階建ての2階全部を伴侶動物フロアとし、
さらに犬猫とで半々のブロックに。
現在、同フロアで入居者と暮らすのは犬6匹と猫8匹。

「入居者が連れてきたペットだけではなく、
関東近隣の保健所からボランティア団体を通じて引き取った子、
被災地で飼い主がわからなくなった子、一人暮らしの人が亡くなって遺された子も。
入居者の子ではない犬や猫は『ホームの子』として一緒に暮らしています」

伴侶動物フロアの入居者は、ペット連れの人はもちろん、
入居以前に高齢や要介護のために泣く泣くペットと別れた経験を持つ人ばかり。

その人たちに再びペットと暮らす喜びをもたらしてくれるのが
「ホームの子」たちだ。

「セラピーが目的ではないと話しましたが、
ペットとの暮らしは結果として入居者の心身にさまざまなよい効果をもたらしてくれます」

まず、手指などの関節の動きが悪くなる拘縮が和らぎ、
症状の進行を遅らせてくれると感じている。

「ペットをなでる、ブラッシングするなどの動作が
無理なく引き出されて功を奏しているのかも」

ほとんど動こうとしなかった人が、
お気に入りの犬や猫を探して自分から動くようになる。
「動けば筋力がつき、気持ちも明るくなり、
食事量も増える。さらに全身状態がよくなる人も」

認知症の症状が和らいだ例も。

「夜、ペットが隣で寝てくれることで不安症状が改善。
この子がいれば怖くない、安心する、と」

ペットと暮らすことで、
自分は一方的にケアされているのではなく(ペットを)ケアする存在でもある、
という意識を自然と持ってもらえる意義も大きい、という。

「この子は私がいなきゃ、という使命感、
自負心は心身の健康を保つ上で大きな力になってくれます」

伴侶動物フロアで働く職員にもペット好きを集めた。
15人のボランティアが朝晩の散歩を助けてくれる。

大勢の人にかわいがられているせいで猫も犬もみな穏やかで人なつこい。
「とくに犬は自分の役割がわかっているのか、職員には時々反抗的になる子も、
お年寄りには優しくて、しっぽをつかまれても我慢していますね(笑)」



以上 
-『クロワッサン』 2015年 6月10日号- より転載



*****


↓↓過去に書いたブログです

オープン前&オープン後にお見合にお邪魔させていただいた時の様子と
久々にぶん福や大喜を含め
我が家から迎えてもらった子たちに会いに行った時の様子です


『老人ホームへお見合いに!』
f0242002_139154.jpg


『老人ホームでトライアル中です!』
f0242002_1525487.jpg


『さくらの里の子となって』
f0242002_15386.jpg



このような施設
犬や猫と暮らしている人は誰もが
年老いたら入所したいと思うだろうけど

現実はまだまだ
保健所に持ち込まれたり
飼い主さんと離れ離れになってしまう犬猫が沢山います

 ・
 ・

我が家には今
11才のお爺ちゃんラブラドールがいます(名前はトップくん)

82才で一人暮らしだった飼い主さんが
癌の手術のために入院することとなり

トップ爺ちゃんは行き場を無くしてしまったため
我が家へやってきました

f0242002_2162190.jpg


高齢犬にとって
決して居心地のいい家でなないのですが。。。


ご紹介はまた追々。。。

 ・
 ・

「さくらの里」
もっとアチコチにオ^プンしてほし~~!
by yql04267 | 2015-05-31 02:20 | ●お知らせ | Comments(2)

拡散お願い致します。。。m(__)m


*****


飼い主飼育放棄のラブちゃん
里親さま、預かり先募集中です!


f0242002_0193343.jpg


6才の女の子で避妊済み

f0242002_0194178.jpg


散歩などをさせていなかったため
鳴き声がすごくて近所から苦情があり

なんと飼い主はゴミ焼却場に遺棄していったらしい!! なんちゅう選択・・・

f0242002_0203745.jpg


性格は明るくてはラブらしい子なんですが
散歩の引きなどシツケが全然入ってません。。。

f0242002_021644.jpg


今はあるお宅の庭でお世話してくれていますが
腰痛であまり散歩に行けない状態のようです

シツケもしっかり入れられる方
問い合わせをお待ちしております。。。m(__)m

f0242002_021551.jpg


YQL04267★nifty.ne.jp (★を@に変えて) メールをお願いします


*****


捕獲された老犬
今、千葉県動物愛護センター(東葛飾支所)に収容されています

毛色:黒茶白でやや長毛
性別:オス(未去勢)
年齢:12~14才程度に見えます
特徴:ゆっくりとトコトコ歩きます、他の犬は、あまり眼中にないようですが、
    人に対してはいたって温厚 食欲は旺盛で、おやつも大好きです

f0242002_09332.jpg


今は収容部屋にやや空きがあるため
老犬でも残してくれていますが

収容数が増えてくると
殺処分へと回されてしまいます

なんとかそうならないよう、里親さん預かり先を探しています

f0242002_0853100.jpg


連絡お待ちしています!

YQL04267★nifty.ne.jp (★を@に変えて) メールをお願いします

  ・
  ・

5/5掲載のおばあちゃんワンコは
ボランティアさんが引き出してくれたそうです!

f0242002_0111653.jpg


そしてこの柴犬の子はメデタク里親さま決定となりました!

f0242002_013640.jpg


6才のこの子はまだ移動先募集中です

f0242002_0174355.jpg


YQL04267★nifty.ne.jp (★を@に変えて) メールをお願いします
by yql04267 | 2015-05-19 23:03 | ●お知らせ | Comments(2)

5/9(土)
移動先のあてもないまま・・でしたが

とりあえず3頭をゴミ屋敷から引き出して
シャンプーしてキレイにして

病院行って健康状態を診てもらって

性別、体重、性格などなどがもう少し詳しく分かれば
どこかから声を掛けてくれるだろう!という期待を持って


現場に行ってまいりました

 ・
 ・

散歩をしたことがなかった子たちなので
首に何かが巻きつくなんてことは
恐怖でしかなかったと思いますが・・・

脇をすり抜けようとする瞬間に首にリードをひっかけて
3頭とも無事に短時間で保護することが出来
ケージの中へ・・・


首にリードが掛かった瞬間
やっぱり大々パニックになって大暴れでしたが

しばらくその場でじっとしていたら
犬たちも少し落ち着いてきてくれました

 ・
 ・

このあとはシャンプー場所の提供を申し出てくれた
【いち】ちゃん家に向けて出発!

片道1時間ちょっとの道のりでしたが
3頭とも車酔いすることなく無事に到着





こちら【いち】ちゃんです!

f0242002_26395.jpg


多頭現場からガイル母ちゃんが引き取ってくれて
あっと言う間にご縁を繋いでくれた子です!

【いち】ちゃんママさん
ご協力の申し出をいただき本当にありがとうございました!!

 ・
 ・

総勢5名

f0242002_26561.jpg


シャンプー、ドライヤー、毛のカット・・と
役割を分担して流れ作業で3頭をピカピカ犬に仕上げていき

犬たちも意外と落ち着いてくれていた感じ

f0242002_14202049.jpg

f0242002_210629.jpg


約2時間ほどで作業を終えることが出来ました

f0242002_11284066.jpg

f0242002_275522.jpg


 ・
 ・

そして次は
このまま病院へ直行!

f0242002_2182851.jpg


メス3頭か・・なんて勝手に思って病院に予約していたら
オス3頭でして・・・

f0242002_2192492.jpg


3頭とも
去勢手術、ワクチン接種、チップ注入、フィラリア検査、爪切り
を済ませることが出来ました

f0242002_14284974.jpg


歯石がほとんどなく結構きれいで

f0242002_2204471.jpg


年齢は4~5才
フィラリアは3頭とも陽性

リードで引っ張られることを極端に嫌がる
前足触られるのを嫌がる
背中や尻尾やお腹を触るのは大丈夫
抱くのも大丈夫


顔が白い子…15キロ
f0242002_14205361.jpg


右側黒い子…12.5キロ
f0242002_1421284.jpg


顔に斑点…10.8キロ
f0242002_14211161.jpg


 ・
 ・

こうして作業が進んでいる間に
なんとなんとなんと!
預かり先の申し出も頂きまして!!


右側黒い子は手術後にココニャンママさん家へ

f0242002_14212169.jpg



顔が白い子と

f0242002_14213242.jpg

f0242002_14214060.jpg


顔に斑点がある子は

f0242002_14221117.jpg

f0242002_14221979.jpg


我が家で一泊だけしてから
2頭一緒にPEACE TAILSさん家へ
移動することが出来ました!!


里親さんが決まるまで
これからが大変な時間となると思いますが・・・

皆さんのおかげで
3頭の命が救われました

 ・
 ・ 

お世話になった皆さま
本当にありがとうございました。。。m(__)m

お世話になる皆さま
どうか宜しくお願い致します。。・m(__)m
by yql04267 | 2015-05-11 02:02 | ●お知らせ | Comments(2)

ボーダーミックス3頭の移動先を探しています!


先日掲載載させていただいた
ゴミ屋敷に取り残された3頭たち

訪問してきましたので状況をアップします





家の玄関を入ると
天井は落ちているし壁は穴だらけだし
勿論床はゴミの山だし
ガスは止まってるし電気も止まってるし

こんな状態ですので
取り壊しの話が進んでいるようです

そのため20日までしか時間がありません


緊急で移動先を探しています!





情報の拡散をお願い致します


3匹ともビビリのようで逃げてます
性別がはっきりと確認できず・・・
タマタマとか見えなかったので多分みんなメス・・・


●顔がほぼ白 体重14キロほど
一番がっついてるけど一番人には寄ってくる
でも一番吠える 食べるとき他の犬にキツイ
f0242002_8263740.jpg
f0242002_8274092.jpg
f0242002_8274941.jpg
f0242002_828653.jpg
f0242002_827593.jpg
f0242002_8282410.jpg
f0242002_8285279.jpg

f0242002_8285922.jpg


●右半分黒 12キロくらい 
一番ビビリで逃げまくっていて、一番立場が弱いみたいでご飯もなかなか食べられない感じです
吠える、唸るは一切なし
f0242002_8293966.jpg
f0242002_8295513.jpg
f0242002_830288.jpg
f0242002_830712.jpg
f0242002_830272.jpg


●おでこに黒縞 12キロくらい
ご飯の時は寄ってくるけど1メートル以内には来ない 
唸る、吠えるは一切なし
f0242002_8305734.jpg
f0242002_831693.jpg
f0242002_8312055.jpg
f0242002_8313372.jpg
f0242002_8314477.jpg



みんな尻尾にウンチが絡みついてるので
まずはシャンプーなど出来る場所を探しています

どの部屋もゴミで埋もれていて
ゴミの山頂でみんな寝ているようです

f0242002_8332612.jpg
f0242002_8401698.jpg


ウンチは全然なかったので多分食べてるんだと思います。。。


こんな状況の子たちですが
預かっていただける方
もしくは里子としてご検討いただける方

いらっしゃいましたらご連絡お願い致します。。。m(__)m

yql04267★nifty.ne.jp (★→@)
by yql04267 | 2015-05-06 08:40 | ●お知らせ | Comments(2)

拡散お願い致します。。。m(__)m


センター持ち込み2頭&おばあちゃんワンコ 
引き取り先募集中です




共に飼い主が亡くなってしまい
その身内がセンター(千葉県・年東葛飾支所)に持ち込んできた2頭です

収容頭数が多くなってくると処分に回されてしまう可能性もあります

里親希望の方 預かり可能な方 探しています!

*****

●6才 メス 雑種 15-16キロ 
背中をマッサージされるのが大好きな子です

f0242002_2027166.jpg


カラダは大きめの子ですが性格はとても穏やか
他の犬が周りで吠えていようと
全く気にせずにおとなしく座っていました

f0242002_20271458.jpg


子犬の頃から1匹で育てられてきたので
あまり他の犬との接触がなかったそう
出来ればこの先も1匹で暮らしていける環境のほうが
ストレスなく暮らしていけるのではないかと思います

f0242002_20272739.jpg


散歩は上手に出来ます


*****


●9才 メス 柴犬 11キロ
もうシニア組に入ってきていますが
とても明るくてまだまだ元気な子です

f0242002_20284224.jpg
f0242002_20284880.jpg
f0242002_20285412.jpg


初めての私にも懐こく接してくれました
大きさ的にも性格的にも
とても飼いやすい子に思います

f0242002_2029547.jpg
f0242002_20292750.jpg
f0242002_20293473.jpg
f0242002_20294191.jpg


散歩は上手に出来ます

*****

この子は飼い主持ち込みではなく
放浪中に捕獲された子ですが
3月にも掲載させていただいたおばあちゃんワンコです
まだ引き取り先が見つからず
センターで暮らしています

●10才以上 メス 雑種 10キロ

f0242002_20312134.jpg
f0242002_20312889.jpg


とてもとてもおとなしいおばあちゃんワンコです

f0242002_20314256.jpg
f0242002_20314848.jpg
f0242002_20315559.jpg


コンクリート造りの収容棟は
夏は非常に厚くてお年寄りたちには堪えます。。。


*****


3頭たちの
里親希望の方 預かり可能な方

いらっしゃいましたら問い合わせください!

問い合わせ ⇒ yql04267★nifty.ne.jp(★を@に変えてメール)

里親希望アンケート
by yql04267 | 2015-05-05 20:34 | ●お知らせ | Comments(2)

3頭の移動先探しています!!


飼主が介護施設に入ってしまったため
写真のようなゴミに埋もれた家の中に
3頭の犬だけが残されてしまっています

f0242002_23264824.jpg


今は近所の方が餌をあげに通ってくれていますが
20日には家を明け渡すそうなので
それまでに移動出来る場所を探さなくてはいけなくなりました


餌をあげてくれている方の話だと
体重は10~15キロ
年齢は5才前後
3頭とも攻撃性はなし

f0242002_23254822.jpg


今のところこれくらいの情報しかなく
この連休中に様子を見に行く予定ですので

またご報告させていただきます



出来るだけこちらで医療行為を済ませてから
移動出来るようにしたいと思っていますので

「預かれる!」というかたいらっしゃいましたら
ご連絡お願い致します!


yql04267★nifty.ne.jp (★→@)
by yql04267 | 2015-05-03 00:01 | ●お知らせ | Comments(0)

5月6日の里親会

転載お願いします


5月6日(水・祝)
『行徳文化ホールⅠ&Ⅰ』
14:00~16:00



072.gif 9匹で参加させていただきます 072.gif


子犬

【チャーチャ】くん 3-3.5ヶ月
f0242002_8335522.jpg

056.gif

【しらす】ちゃん 3-3.5ヶ月
f0242002_8342390.jpg

056.gif

【雷太】くん 4-4.5ヶ月
f0242002_834388.jpg

056.gif

【風太】くん 3-3.5ヶ月
f0242002_834515.jpg

072.gif


成猫

【キャラ】ちゃん 2-3才
f0242002_835431.jpg

053.gif

【歩生】くん 3-4才
f0242002_8355618.jpg

053.gif

【輝】ちゃん 2-5才
f0242002_836959.jpg

053.gif

【グラン】くん 6才
f0242002_8362699.jpg

053.gif

【とるま】ちゃん 1才




予約不要ですのでどなたでも来場いただけます 

駐車場も有りますので(有料)、
「先住ワンちゃんとの相性をみてみたい」といった
子犬の里親希望者さんも
ワンちゃん同行で是非!



<お願い>
・里親希望アンケートにご協力いただける方
・関東圏内にお住まいの方
・終生完全室内飼育をお願い出来る方
・家族全員の同意がありペット飼育に問題がない住環境で生涯大切に飼育してくださる方
・必要な医療処置を適切に実行してくださる方
・掛った医療費の一部負担をお願いできる方
・譲渡時契約書に署名押印していただける方
・迷子にさせないよう最大限の努力と注意を払ってくださる方

問合せ:YQL04267@nifty.ne.jp

by yql04267 | 2015-05-02 08:45 | ●お知らせ | Comments(2)

ボクは生きていたかった

ボクは生きていたかった ・・・ (動画)




雄々
f0242002_21562925.jpg


ウィズ
f0242002_21564117.jpg


こしろう
f0242002_21565176.jpg


なつ
f0242002_21582584.jpg


丹々

f0242002_21565921.jpg




みんな保健所に捕獲されてセンターに連れて来られた子たち


***


空海
f0242002_21571325.jpg


ゆあさ
f0242002_21572065.jpg


あおば

f0242002_21575645.jpg




みんな棄てられた子たち


***


陽葉
f0242002_2158832.jpg


BEE
f0242002_2222496.jpg




みんな飼い主の持ち込まれた子たち


***


”死にたい”なんて思ってる犬猫はどこにもいない




最後までそばにいてくれる
大好きな人

募集中です



f0242002_21591491.jpg

by yql04267 | 2015-04-20 22:04 | ●お知らせ | Comments(2)

子犬だらけの里親会

4月4日(土) 14:00~16:00
さいわい会館
神奈川県川崎市幸区幸町2-693-17


子犬12頭参加予定です



f0242002_2214396.jpg


きぅい オス 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22112041.jpg



f0242002_22145714.jpg



れもん メス 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22162895.jpg



f0242002_22145714.jpg



とまと メス 推定2~2.5ヶ月
f0242002_2217630.jpg



f0242002_22145714.jpg



ばなな メス 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22185929.jpg



f0242002_22145714.jpg



つくし オス 推定1.5~2ヶ月
f0242002_22182633.jpg



f0242002_22145714.jpg



うみ メス 推定3ヶ月
f0242002_22194413.jpg



f0242002_22145714.jpg



りく オス 推定3ヶ月
f0242002_22201866.jpg



f0242002_22145714.jpg



そして新たに引き取ってきた4頭 (また遺棄・・・)

f0242002_22221672.jpg

f0242002_22231140.jpg

f0242002_22232216.jpg



f0242002_22145714.jpg



茶白の女の子 推定3ヶ月
f0242002_22233525.jpg



f0242002_22145714.jpg



真っ白の男の子 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22281252.jpg



f0242002_22145714.jpg



クリーム色の男の子 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22322391.jpg



f0242002_22145714.jpg



茶色の男の子 推定2~2.5ヶ月
f0242002_22303455.jpg



f0242002_22145714.jpg



是非会いに来てやってください!

問い合わせ yql04267@nifty.ne.jp (☆→@) までメールを下さい      



f0242002_2234299.jpg

by yql04267 | 2015-03-30 22:35 | ●お知らせ | Comments(2)

去年の6月に
トレーナーの鋒山さんから声を掛けていただき
【イヴ】【友が参加させていただけることになった
八街少年院の矯正プログラム


先日21日の読売新聞に
掲載されていましたので転載させていただきました



*****



捨て犬しつけ 命の重さ学ぶ
      - 3月21日読売新聞「くらし面」より転載 -


千葉の少年院 矯正教育に全国初
f0242002_11185128.jpg


千葉県八街市の八街少年院で、
入所中の少年が捨て犬をしつけ、
訓練するプログラムが行われている。

殺処分される捨て犬を訓練し、
家庭に戻すことを通じ、
命を大切にする心や忍耐力を養うのが狙い。

全国初の試みだ。


「ダウン(伏せ)」
少年(19)が指示を出しても犬は動かない。
少年は少し困った表情を見せた。

講師を務める一般財団法人「ビューマニン財団」(東京)の
トレーナー鋒山佐恵さん(31)が
「犬もあなたを信頼してるから大丈夫」と励ます。

少年が練習を繰り返すうち、犬が伏せをした。
少年は満面の笑みで犬の頭をなでた。


八街少年院では、
強盗や傷害などの犯罪をした17~20歳の男子50人余りが生活を送る。

矯正教育の一環で昨年7月から、
少年1人が犬1匹を担当し約3か月間訓練するプログラムを始めた。

自治体などに保護された捨て犬を同財団が引き取り、
平日の数時間、少年院で犬のしつけ訓練をする。

週末は地域のボランティアの家庭が犬を預かり、
少年と手紙での交流を持つ。

訓練後は、希望する家庭に譲渡する。
これまで6人がプログラムに参加した。


少年院は全国に52か所あり、
生活指導や心理教育を行う。

効果的な教育方法を模索する中、八街少年院は、
米国の刑務所で犬を使った教育の指導経験がある鋒山さんの協力で、
このプログラムを考案した。

法務省によると、
矯正教育として捨て犬をしつけ、家庭に譲る取り組みは全国初。

同様のプログラムを1993年から行うアメリカ・オレゴン州の少年刑務所では、
犬を訓練するうちに、忍耐力や責任感が養われ、
自分を大切にする自尊感情も向上したという。
こうした力は再犯を防ぐことにつながる。


「命の重さを考えた」。

昨年7~10月にプログラム参加し、
今も八街少年院にいる男性(20)は話す。

小学校高学年の頃から学校に行かなくなり、
傷害などで5回逮捕された。少年院での生活は2度目。

最初は犬のしつけがうまくいかず焦ったが、手は上げなかった。
義父からの暴力を思い出したからだ。
犬に自分を重ね、「暴力を振るっても意味はないと思った」と話す。

犬を捨てた飼い主の身勝手さに腹が立つ一方、
「自分も身勝手な行動をして多くの人を傷付けた」と気づいた。

同じ犬を世話するボランティア家庭と、
犬の様子を手紙などで報告しあったりもした。

「殺処分される命を助けることができ、初めて誰かの役に立てた」
と語る。


プログラムの終了式で、
バンダナに「幸せに生きろ」と書いて犬の首に巻いた。

涙がこぼれた。


同少年院の法務教官山下嘉一さんは
「参加者は、愛情を注ぎながら犬と真剣に向き合い、命の大切さを実感し、
責任を全うしようと努力している。社会に出た後、この体験を生かしてほしい」
と話す。


-以上 読売新聞より-


******



プログラム終了式に出席させていただいたとき

【イブ】の首に巻かれたバンダナには
沢山のメッセージが書かれていて


”昨年7~10月にプログラム参加し
   今も八街少年院にいる男性(20)” ・・・って


もしかしたら
【イヴ】を担当してくれた少年かもな・・
と勝手に思っていますが


5回の逮捕を繰り返して
少年院にも入って

その間大人たちはどういった言葉をこの少年に掛けてきたのか・・
それでも更生への道には進むことが出来ず
今回が2度目の少年院・・・

 ・
 ・

「命の重さを考えた」


この3か月間は犬にとってみたら
少年とトレーナーさんと共に楽しく過ごしただけ・・

言葉を話せなくても
犬たちの力は人を更生への道へと導いてくれる・・・


全国52か所の少年院すべてで
このプログラムが取り入れられれば

どれだけの人と犬が救われることか

 ・
 ・

私が思うに・・・
トレーナーの鋒山さんのいつも明るい性格、元気ハツラツな姿
これもこのプログラムにはとっても重要だな・・って感じます


少しずつでもこの活動が広がっていくよう
ご支援を!!

一般財団法人 ヒューマニン財団





卒業犬【イヴ】は
今は川崎市の新しいご家族のもとで

そして【友】は
長野県のりんご農家のご夫婦のもとで

幸せに暮らしています(^_-)


f0242002_0303699.jpg

by yql04267 | 2015-03-28 00:38 | ●お知らせ | Comments(0)