人気ブログランキング |

ひなたくん退院してきましたが・・

先週1日の水曜日に

ひなたくんを退院させてきました


8月に拔ピン手術で入院して以来なので

2ヶ月以上振りです(*^^*)



f0242002_17192433.jpg


センターから引き出してきたころに比べたら

随分と大きくなりました



f0242002_17193600.jpg


そりゃあもう生後6ヶ月になるからね

大きくなって当然よね(#^^#)



f0242002_17193091.jpg


でも人なつこさと

抱っこが大好きな甘えん坊なところは

ずっと変わらないままです(*^_^*)



f0242002_17194240.jpg


f0242002_17194931.jpg





7月に大腿骨骨折の整復手術を受けて

骨がつくまでその箇所をビンで固定していたんですが


1ヶ月後くらいには

そのビンを抜く手術が必要だったので

8月の終わりごろからまた入院していました


でもそれも9月のあたまには

無事に終わったので

そこで退院のつもりにしていたんですが


かかとの関節固定の手術もしたほうが・・という病院側の意向で

そのまま入院が続いていました



f0242002_17195516.jpg


久しぶりに自由に走り回れて

楽しそうなひなたくん


いっぱい遊びたい時期のほとんどを

病院のケージで過ごしてきたからね



でも今回の退院は

無事に関節固定の手術が終わったからではないんです。。。



f0242002_17200316.jpg



「手術はいつになるのか?」

「まだ予定が決まらない」

「決まるまで一旦退院させたいのだけど」

「近いうちに予定するのでこのまま預かる 」



この2ヶ月の間には

獣医さんとのそんなやり取りが何回かあって


ようやく31日に手術をお願い出きることになったので

あー良かったーって安心していたのに


f0242002_17201097.jpg

f0242002_17201654.jpg


当日の朝に電話が掛かってきて


 手術前の健康チェックのために血液検査をしたら

 肝臓の数値が異常に高くて

 タンパクの数値もけっこう高くて

 エコーでお腹を診たら少し腹水がたまっている

 腹水を抜いて検査センターに送ったので

 結果が出ないと断定は出来ないけれども

 伝染性腹膜炎を発症した可能性が高い

 こんな状態なので手術は出来ない


と言われました



はぁ?って感じで

もう言葉が出てこなかった・・・



もし腹膜炎だったとしたら

ひなたは死ぬってことですか?

って聞いたら

「そうですね」と淡々とした口調で言われて


なんだそれっ!!

ひなたの命を簡単に言ってくれるなっ!!

とは口には出さなかったですが・・・



腹の中では感情が爆発して

電話での説明を聞いていました



f0242002_17270240.jpg


発症したのは長い入院からのストレスが原因なんじゃないのか?
って聞いてもその可能性は低いって言うし

でもそうじゃないとも言えないし


こしろうのことがあったばかりなので

悔しい思いしかないです・・・





こんな食欲あるし大丈夫かも!

なんて思いながら



f0242002_17265010.jpg


検査結果がどうか悪く出ませんように・・

そのことだけを祈るしかありませんでしたが


今日病院から連絡が来て

結果は腹膜炎陽性でした・・・



早速治療を始めましょうと言われたけれども

ステロイド注射とインターフェロン注射を打つだけの

延命でしかない・・


とにかくひなたがしんどい思いをしないように
最後までお世話していきます


預かっていただく予定だったボランティアさんも
わざわざ面会に行ってくれたりして
退院してくる日を楽しみにしてくれていたのに・・申し訳ないです・・


f0242002_17265652.jpg


ひなたが少しでも長く生きられますよう
皆さまの力を送ってやってくださいませ。。。m(__)m



by yql04267 | 2017-11-04 17:09 | ●2018年・卒業猫たち