人気ブログランキング |

ジャックから更夜(こうや)へ

ジャックくん、預かりさん宅へ移動しました!





10月26日


ジャックくんたちにとっては想像もしていなかった突然の出来事・・

9年間共に暮らしてきた家族との突然の別れ・・

(飼主さんは病気となってしまったそうです)


仲間とも離れて、1匹だけの冷たい部屋

(去勢、避妊がされていなかったので一緒の部屋にできなかったそうです)


人の声なんてほとんど聞こえない、人の姿なんてほとんど見えない

今日が晴れなのか雨なのかもわからない

収容されている犬の吠える声だけがコンクリートの建物に響き渡る

そんな異様な雰囲気の中

不安と孤独だけを感じながら過ごしていたことと思います


そしてそのわずか1か月後には

今度は周りの環境ではなく、自分の体に

想像もしていなかったことが起きてしまいました


目が醒めたら、自分の前脚が1本失われ

立ち上がろうとしても、踏ん張ることも出来なくて全く脚に力が入らない


自分の脚がどうなってしまったのか、自分がどうなってしまうのか

不安な感情しか湧いてこなかったと思います


私だったら、目が醒めて手が片方しかなかったら、間違いなく泣き叫ぶ・・

でも犬や猫たちは、泣き叫ぶこともなく、その現状を受け入れるしかない・・


どうしてこんなになるまで放っておいたのか

もっと腫瘍が小さいときにどうして手術をしなかったのか

そしたら脚を失うことなんてなかったし

麻痺なんてなかったし

たとえ家族と離れてしまったとしても

新しい環境を受け入れて、楽しく散歩をして、今頃はもう

笑顔を取り戻していたかもしれない


退院から約1ヶ月、ジャックくんの心の傷は大きく、深く

いまだに笑っている顔を見ることが出来ずにいます


この家が落ち着ける環境ではなかったのも一因だと思いますが・・・

預かりさん宅で、笑顔が戻って、自然体のジャックくんで過ごせることを願ってます!





名前は、ジャックから【更夜】くんへ!


満月さん、どうかよろしくお願い致します!

  

f0242002_18045116.jpg



ジャックへのご寄付 300,000-


11/26 集中治療室(4日)、入院(8日)、静脈輸液、緊急手術、左前肢断脚手術、

     全身麻酔、病理組織検査、輸血、血液(一般・生化学)検査(6回)、

     血液凝固能検査、レントゲン検査、ニューロアクト1本、抗生剤 151,681-

12/8 抜糸処置 2,116-

12/12 皮下輸液、下痢止・食欲増進注射、胃腸薬 6,878-

12/16 細胞診1か所、抜糸処置、創傷処置 4,762-

12/22  経過報告書作成料 1,512-


ご寄付残 133,051-


全額、満月さんに引き継がせていただきましたm(__)m



医療費のご協力をいただきましたみなさま

供血のご協力をいただきましたかねごん家&つゆはちゃん

缶詰めのご支援をいただきましたTさま

フラワーレメディのアドバイスをいただきましたKさま

皆さまのおかげで更夜くんの命がつながりました!

ありがとうございました!




今後もまだ抗がん剤等の医療費が必要になってくると思いますので

引き続き、更夜くんの応援をよろしくお願い致します!







移動日の朝の散歩の様子です


がんばれジャック!!
顔晴れジャック!!


f0242002_20141993.png




by yql04267 | 2018-12-24 18:12 | ●千葉県動物愛護センター