ぱいたんくん、天国へ・・

背骨の骨折の手術は「やはりやりましょう」となり、1/8に入院させてもらい
翌日に整復手術を施してくれました


骨折から時間の経過もあったため、折れたまま固まってしまっていたようですが
何んとか元の位置に戻すことが出来て、背骨が真っ直ぐになり
あとは縫合すれば無事に終わる・・・といったところまで来た時に

ぱいたんの体調が急変してしまい
呼吸が止まってしまったそうです・・・


縫合を後回しにして、至急で蘇生処置を続けてくれたそうですが
ぱいたんは帰ってきてくれず・・・


背骨の手術だったため、もしかしたら急に血流が悪くなってしまい
このようなことになってしまったのかもしれない、と説明がありました


f0242002_10551264.jpg



今回の手術が無事に終わったとしても、後足の麻痺は残るし
一生涯排泄には手がかかってしまう・・・
それでも、それを承知で、ぱいたんを迎えていただけるお家が決まっていました

なので、余計に残念で悲しいです・・・




年末から年始にかけて
新たなに生活に向けての嬉しい別れが続きましたが

家族として迎えていただいた猫が2匹、そして犬が1匹
そして更夜くん(ジャック)・・・と、悲しい別れも続きました


そのうえ元気だったぱいたんまでもが逝ってしまい・・
覚悟が出来ていない別れというのは一層辛いです



医療費のご協力をいただいた皆さま、気に掛けていただいていた皆さまには
このようなご報告となってしまい申し訳ありません。。
病院から連れ帰っていますので
明日、共同墓地に埋葬してもらいます。。


f0242002_10552797.jpg



ぱいたん、どうか安らかに。。。



by yql04267 | 2019-01-11 11:33 | ●千葉県動物愛護センター