人気ブログランキング |

青空☆お日さま☆笑顔 jyosihazu.exblog.jp

保護犬猫の新しい家族探し


by yql04267
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック


「はなちゃん」は
2016年7月30日に我が家を卒業していった
柴犬の女の子です。

はなちゃんのお母さんが
はなちゃんのフォトブックを作って
私にも送ってくれました。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_20550814.jpg





はなちゃんがいた場所は
2016年の秋に
動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検された
「引取り業者」のところ。



その業者は自分で
シーズー2頭を飼っていました。
トリミングにも連れて行ったりして
可愛がっていたようです。

でもその一方で
悪質なブリーダー(繁殖屋)から
売りもの(金)にならないから
子犬(金)を生まなくなったから
そんな理由で不要とされた犬猫を
1頭2、3万円で引き取っては
自分の敷地内にあるトタン屋根の小屋の
汚いケージに押し込めて

世話もしない、ご飯もまともに与えない
排泄物の掃除もしない
そんな劣悪な環境に置いて

「死んだら山に埋めてやってる」
とか、言ってましたけど
死んでくれるのを待っていたんだと思います。

そしたらまたそこに
新たに犬を引き取れるから。
お金をもらえるから。

具合の悪そうな子がいても当然
放ったらかし。

一体どれだけの命がこの場所で
 絶えてしまったことか。。



2016年6月4日に引き取って来れた中の1頭が
このフォトブックの主役
 「はなちゃん」です。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_22330068.jpg


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_22325404.jpg


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_22330722.jpg



*



私は2016年9月を最後に
この現場には一度も行っていないのですが
はなちゃんのお母さんは一度

はなちゃんがどんな場所で暮らしていたのか
自分の目で見てみたい・・と
出向いたそうです。

現場の前を通り過ぎるだけだったそうですが
敷地の中から犬の声はしていたそうで
地元の人も「まだやってる」って
言っていたそう・・。

以前ほどの頭数はいないにしても
楽して金儲けすることを一度味わうと
 止められないんですかね。。

私以外にもボランティアさんは
出入りしていましたので
そのボランティアさんたちが
  レスキューしてくれていると思いたいです・・。






はなちゃんは我が家で1ヶ月半の間
「はなこ」ちゃんとして過ごし

2016年7月30日に
「はな」ちゃんとして
新たな犬生を歩みだしました。

繁殖犬から家庭犬へ。

優しいお母さんに出会えたことで
戸惑いながらも
とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。

でも・・その時間はとても短かく

大きな病気が見つかり
去年の5月に
はなちゃんは天国へと旅立っていきました。






 はなちゃんからのメッセージ。
是非一緒に
 『I am Hana!』を見ていただけたら。。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_20551628.jpg


今、日本にはワンコが900万頭くらいかわれているんだって。人間の赤ちゃ
んは出征数が年間00万人を割ったから日本の小中学生をぜーんぶ足したくら
い、ワンコがいるんだね。すごいな~!


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21144219.jpg


でも、自治体に持ち込まれるワンコは3.5万頭(2018年)で、うち9割以上は
「所有者不明」・・・迷子も含まれるけど、ほとんどはペットショプの売れ残りや
ブリーダーの子供を生めなくなった子なんだって。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21174821.jpg


数年前に自治体が動物の引き取りを拒否できる法律
に変わったの。それに最近は、「殺処分ゼロ」が目
標で、ワンコを引き取らなくなったでしょう?
それで、「引き取り屋」という人たちが出てきて、
少しのお金をもらって要らないワンコを引き取る商
売をしてるの。
はなは、元繁殖犬として、そんな引き取り屋のとこ
ろに居ました。130頭くらいの仲間が一緒に居たけ
ど、別々に汚れた檻に閉じ込められて、一緒に遊ぶ
ということは無かったよ。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21175523.jpg


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21180216.jpg


はなを引き取り屋から助けてくれたCさんは、往復300km以上の
道のりを、17回通って、126頭を助けました。
連れて帰れない犬の鳴き声を聞くのが辛かったけど、
「その子たちのほうがもっと辛いはず」って
思って頑張ったそう。行くと前回よりも犬が増えていることもあって
ショックだったって。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21180857.jpg


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21181543.jpg


「前にいたところは、耳をつんざくように皆が吠えていて、すごくうる
さかった。今のおうちは静か過ぎてびっくりしちゃった。」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21311143.jpg


はな、自分のベッドには寝ずに、トイレシートからはみ出さないよ
うに頑張って小さくなっていたの~(笑)
「こ、これで大丈夫ですかね?」って言いたげなはな。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21311804.jpg


「人間に話しかけられたことなんてなかったから、ママ
が自分に話しかけているとわかってびっくりした!」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21312493.jpg


「一番びっくりしたのは、一緒に寝ようか、と言われたこと!人間と一
緒に寝るなんて考えてもみなかったから。でも、悪くないかもしれない
し、いつか試してみようかな。」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21313036.jpg

元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21313787.jpg


「散歩は好き。良い気分転換になるし、さっぱりする。最初は車が怖
かったけど。」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21423223.jpg


「色々見せて欲しい。色々行ってみたい。車に乗るのはちょっと怖いけ
ど、車に乗っていくと、楽しいことが待っているのはわかってるの。」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21441420.jpg


「家で一人で留守番しているのは全然苦じゃない。今までもずっと一人
で時間つぶしていたし、大丈夫。でも、ママはまだかな、とは思ってる
よ。」
(アニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21442259.jpg

元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21442947.jpg


「家庭で育った犬と違い、ブリーダーに捨てられた子たちは、人や犬との接し
方が分からない子が多いと思います。でも叩くなどの暴力的な虐待は受けてい
ないからか、性格は穏やかな子がほとんどですよ。」Cさんより

はなもそうだね。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21443746.jpg

元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21444743.jpg


「自治体は殺処分数が減ったと喜んでいても、その陰で、どこかに
遺棄される子もいますし、直接私たちのような保護ボランティアに
引き取り要請があったりします。」

「犬猫にもブームがあって、ブームが終わると必ずと言っていいほど、
動物愛護センターにはその犬種の収容が増えます。そのように、純血
種が好まれるため悪質なブリーダーが存在し続けます。」Cさんより


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21445667.jpg


「例えば生体販売の禁止が何年先になり、その間にどれだけの犬猫が命
を落としていくのか・・?法律が変わっても、結局飼う人間の意識が変わ
らないと不幸な犬猫は減らないですよね。」Cさんより


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21591246.jpg


「はなはね、今のおうちもママのことも大事、繁殖犬仲間に会ったら自
慢したい」
(マニマルコミュニケーションより)

でも、仲間の多くは病気が発覚、はなより先に逝ってしまいました。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21592152.jpg


Cさんに救われた柴犬のすーちゃんは、まもなく肝臓がんが見つかり、
家庭犬としても暮らしを経験することなく、虹の橋を渡ってしまいまし
た・・ まなちゃんはたった1年半の家庭犬生活。闘病の連続でした。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21594177.jpg


当の引き取り屋は、狂犬病予防法違反と動物愛護法
違反の疑いで書類送検されました。が、狂犬病・・に
ついては、罰金10万円の略式命令、動物愛護法に
ついては不起訴でした。はなたちが居たとされる、
”地面に丸太を立て、屋根代わりに穴が開いたトタ
ン板を張っただけ・・”の小屋はまだ建っているけれ
ど、そこにはもう犬たちはいませんでいした。
ただ、敷地に近づくと、傾いたプレハブ小屋から複
数の犬の鳴き声が聞こえ、「今もまだ犬猫の引き取
りをしている」、と複数の方から聞きました。


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21595987.jpg

元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_21595040.jpg


「とても良い犬生でした。また私を迎えてね。
はなも淋しい、淋しいよ。またねママ。」
(マニマルコミュニケーションより)


元繁殖犬「はなちゃん」のフォトブック_f0242002_22000956.jpg








フォトブックを見ると

お母さんといっぱい出かけることが出来て
はなちゃんの幸せが伝わってきます。


はなちゃんはお母さんに

「フォトブックを作ってほしい。
きっといつか役に立つ日が来るから。」

最後に
そうメッセージを残したそうです。




 命の売買のない日本になりますように。



by yql04267 | 2020-05-24 22:21 | ●2016年・卒業犬たち