人気ブログランキング |

2019年 04月 11日 ( 1 )

手術後の再診に行ってきました。


縫合したところはきれいにくっ付いていたので、全抜糸することが出来ました。
これでうっとうしかったカラーが外せてスッキリ!!


f0242002_09460512.jpg



f0242002_13413043.jpg



そして病理検査の結果も伝えられました。



結果は・・悪性。
「非上皮系悪性腫瘍(肉腫)」だそうです。


胃に癒着していた腫瘍も、腸の膜に点在していた塊も
同じ形態の腫瘍だったそうで

筋肉などのやわらかい組織の一部が腫瘍化したもの(=軟部組織肉腫)
だそうです。


検査してもらった一部に、骨のような基質構造も見られたそうですが
確実に骨と呼べる基質ではないため、骨肉種の可能性は低いとのこと・・。


骨肉腫の可能性が低かったとしても、全く喜べない結果です。


f0242002_13413497.jpg



更に、検査結果のコメント欄を読んでみると

今回検査をしてもらった腫瘍は、猫での発生は非常に少ないそうですが
「組織球肉腫」という腫瘍の可能性が除外できないとのことで


新たに「免疫染色検査」という検査をお願いすることにしました。



この結果次第では、治療方法が見つかるかもしれない!
と、獣医さんが言ってくれたので

少しでも良い方向に進める可能性があるなら!
と、期待を持ってお願いしました。

海外に出すそうですので、結果が出るまでには2週間ほどかかるそうです。




手術後に退院した時の体重が3.1キロ。
この時が3.24キロ。

「増えてるーー!!」と一瞬喜んだんですが

でもこれは、食べたものがしっかりと栄養分として吸収されて
増えたわけではなさそうでして

エコーで腹部を診てもらったところ、
胃の周りと腸の隙間にまた少しだけ腹水が溜まっていたからのようです・・。



こんなにサクラちゃん頑張ってるのに
「もう溜まってくれるな!」って言いたい・・。


f0242002_13414153.jpg



今回の手術で、一番大きかった腫瘍部と、腸膜と
開腹して見えたところは全て切除してもらえたのですが
見えなかったところにも残っていた可能性もあるそうですので
完全に全てが取り出せてるとは言えないそう・・・。

もしかしたらその残っているところからまた少し
染み出しているのかもしれないそう・・・です。



新たな検査の結果が出るのはまだ先になりそうですので
それまでの間はお腹の中での炎症を抑えるために、ステロイド剤の投与を
続けることになりました。





以上が検査の結果となります。


良いご報告ではなくてすみません。。。m(__)m


f0242002_13413831.jpg



サクラちゃんと共にまだまだ頑張ります!!


f0242002_14233456.jpg
by yql04267 | 2019-04-11 13:46 | ●2019年・卒業猫たち