人気ブログランキング |

2019年 05月 12日 ( 1 )

4センチほど飛び出していた直腸を押し込んで

縫合して、1週間後に抜糸。



数日後にうんちをしたらまた腸が飛び出してきてしまって

再度縫合してもらって、1週間後に抜糸。



これを3回も繰り返してしまい・・



縫合してもらうのも、麻酔なしでするため

つくしちゃんの叫び声が待合室まで聞こえてきていて



とてもとても辛かったと思います。



でも今回は

絶対に下痢をしないようにフードに気を付けていたら

抜糸から2週間経っても順調!!



これならもう里親さん探しを始めても大丈夫でしょう!

の刻印をもらうために通院したはずが・・・



つくしちゃん入院となりまして

5/13(月)に手術を受けることになりました。


f0242002_20483860.jpg




と言うのも


生まれつきなのかもしれないのですが

どうやらつくしちゃんの肛門括約筋が上手く働いていない・・


ということが分かりまして

少しではあるんですが、緩んだ状態なんだそうです。



そのために

子猫の時に下痢が続いたか、寄生虫が原因で

脱腸になってしまったんじゃないか

とのことでした。



今が順調でも

今後、もう絶対に大丈夫!とも言い切れないですし

何がきっかけとなってまた飛び出してしまうかもしれないですし



そういうわけで・・

開腹して、直腸を筋肉に縫い付ける手術を受けることになりました。




つくしちゃんの家族探しのスタートは

もう少し先になりそうですが


入院は3、4日ほどだそうですので

無事に退院してきてくれることを祈ります。。。



応援よろしくお願い致します。

by yql04267 | 2019-05-12 20:54 | ●2019年・卒業猫たち