人気ブログランキング |

2019年 07月 12日 ( 1 )

トライアルから一旦戻ってきて
2週間と少し。


ウドばあちゃんはこのままここで_f0242002_11140150.jpg



目の下の炎症は
まだ診察を受けることが出来ないでいますが・・

コンベニア注射だけではあまり効き目が無いように思いまして
別の抗生剤(ビクシリン)注射を処方してもらい

皮下補液と一緒に1週間だけ接種しました。


これには良い方に反応があり
グチュグチュした感じが治まっています。







退院して以降はずっと
腎臓への負荷を軽くするため、と思って
毎日60ccずつの皮下補液を続けてきました。

最初のころは、ご飯をペロペロしている間に
背中にササーッとさせてくれていました。


が・・・。

ここ最近のばあちゃんは
それをとても嫌がるようになって、抵抗して、大声で鳴いて

それをタオルでくるんで、固定して、針を刺して・・。


ばあちゃんのため
と思ってやっていることではあるけれども

果たしてこれはばあちゃんのためになってるのか。


抵抗してくる姿を見ていると
どう考えても、なってるようには思えず・・。

ストレスばかりを与えてる・・。そう感じます。


いくら腎臓への負荷を軽くするためとは言っても

ストレスを与えてしまっては逆に
腎臓の機能を低下させているんじゃないか・・。

そう感じます。


補液中はジッとしてくれてはいますが
やりながら、ここまでする必要があるのかなぁ。

そう思うようになってきて
もう無理な補液はやらなくていいかなぁ・・と。






ばあちゃんにとって
ここが最適、居心地のいい場所とは言えませんが

環境の変化もまた
ストレスになるかもしれないですし

里親希望をいただいていたご家族さまとは
お話をさせてもらって

ばあちゃんはこのままこの家で
最期までお世話させてもらおうと思います。


色々とばあちゃんを迎える準備をしていただいて
もう名前まで考えていただいていたのに

申し訳ありません・・。


ウドばあちゃんはこのままここで_f0242002_11140929.jpg



市販のものではありますが
シニア猫用のペースト状のパウチと
銀のスプーンのカリカリを少し

これなら食べてくれますので


コロじいさんが巣立っていったリビングで
時々外でも眺めながら、ばあちゃんのペースでのんびりと

過ごしてもらえればなぁ、と思います。


ウドばあちゃんはこのままここで_f0242002_11140518.jpg




負傷で収容された子たちを引き出して

皆さまからご協力いただいたご寄付を使わせてもらって
元気な姿を取り戻して

無事に新しいご家族の元へとお届けする!


それが、応援していただいてる皆さんへの
一番のお礼だと思っています。


ばあちゃんも勿論そのつもりで引き出してきたのですが

たくさんのご寄付を使わせていただきながら
一番のお礼が出来ないままで・・・。すみません・・。




ばあちゃんの様子はまたお伝えしようと思います。

ウドばあちゃんはこのままここで_f0242002_17161213.jpg
by yql04267 | 2019-07-12 11:20 | ●2019年・卒業猫たち