人気ブログランキング |

2019年 10月 18日 ( 1 )

17日が収容期限で(10/8収容)

19日に引き出す予定にしていた負傷収容の男の子。


f0242002_11050652.jpg




間違いなく飼われていた子だよね、って言うくらい

人懐こいスリスリ猫さん。


お尻に裂傷があり

収容されてきた時にはそこにはウジがわいていたそう・・。


f0242002_11051177.jpg




期限内ではあるけれども

治療のための引き出しを申し出たところ

傷の部分は洗浄したし

排泄も出来ているし

ぐったりしているわけではないから緊急性はないし

飼主さんの迎えがあるかもしれないし

とのことで引き出せるのは収容期限を過ぎてから

となりました。


でも結局

16日に体調が急変したとのことで亡くなりました。

圧迫排尿をさせていたら体調が・・

と説明を受けましたが

圧迫排尿が必要だったとは初耳で

だったら膀胱のエコー検査をするなり

尿検査をするなりが必要だったと思いますが

センターだと詳しい検査も出来ないのに

何を以って緊急性が無いと判断されたのか・・。


たとえ飼い主さんの迎えがあったとしても

飼い主さんだって元気な姿で連れて帰りたいでしょうし

大切なのは収容期限なのか命なのか。

治療を早く始めれば

繋がる命はいっぱいあるし

こういったことは今回が初めてではないので

「亡くなった」という電話にイラっとしました。



負傷の猫さんには

助けることが出来なくて申し訳ない気持ちです。。




愚痴混じりの記事で、気分を悪くさせてスミマセン。。。m(__)m

by yql04267 | 2019-10-18 11:16 | ●千葉県動物愛護センター